2008年10月4日土曜日

【ト】トースト@イノダコーヒ(コーヒーサロン店)(京都市下京区 四条大丸)

京都の喫茶店の代名詞、イノダコーヒ。
大丸京都店の中にある「コーヒーサロン店」でトーストを食べた。


・厚み:1.7cm
・縦:12cm
・横:11.7cm
以上のサイズのものが2枚。

8枚切よりも薄い華奢な角食パンが2枚、半分にカットされて運ばれてきた。
バターは塗られておらず、
いちごジャム・オレンジママレードとともに皿の上に添えられている。
ジャム類はKRAFTブランドのもの。

カットしたときの力の加減か、中心部分がやや潰れている。

パン自体の味はあまり主張がないが、胚芽パンに近いような方向性の味が少しだけ。
あと、バターを塗って食べると、口に入れた瞬間に、かすかにレモンの味がする。

パンの目はつまり気味、ただし表面の食感は荒い。

歯を立てた瞬間に少しだけカリッとして、
あとはどちらかというと手を引っ張ってちぎる感じ。
もぐもぐと食べる。

なんだかとても普通のトースト、という印象を受けた。
湿気ているわけではないが、サクサクあるいはサクふわの食感もない。
焼き目はむらがありつつもついているという感じ。

老舗だからと特別なものを期待しすぎたのか、
自宅っぽさを意外に感じたトーストだった。


<お店情報>
イノダコーヒ(コーヒーサロン店)

0 件のコメント:

コメントを投稿