2008年9月25日木曜日

【ト】チーズトースト@カフェ・ド・リエゾン(仙台市青葉区一番町)

仙台市中心部、ぶらんどーむ商店街に喫茶店の看板を見つけ、細い階段を2階に上がった。


チーズトースト(セットで600円)
・厚み:3.4cm
・縦:15.5cm
・横:10cm

運ばれてきたとき、予想との違いに少し驚いた。
「チーズトースト」というので、てっきりチーズのみが乗っていると思っていた。
実際はピザソースが塗られた上に細切りのとろけるチーズが散らされている。
チーズが所々薄茶色に焦げ目がついており、食欲をそそる。

パンは厚切りの山型パン。
その厚みの印象から、お腹にたまりそうなしっかりした食感を予想していたが、予想に反し気泡が多く軽いイギリスパンが使われていた。
持った時も、口に入れた印象も軽い。

なぜか下面には全くといっていいほど焼き目がついていない。
白くてふわふわの状態だった。
さらに、常温のお皿に直接乗せられてきたため、あっという間に湿気てしんなりとしてしまった。
上面も、もちろんチーズがあるため、どちらかというと柔らかい状態になっていることから、さっくりとした食感を味わえるのは耳の部分だけになってしまったのが残念だった。

耳の部分が香ばしくておいしいことから、パン自体はおいしいと思われる。
ただ、こういったタイプの食パンは、カリッと(バリっと?)焼いて、バターやジャムをさっと塗っただけで食べる方に向いていると思うのだが……。
ずっしりとしたピザソースとチーズを乗せるには、少々荷が重そうだった。

ピザソースは一般的な味のもの。
通常のピザ用チーズより細切りのチーズは、香ばしくてとてもおいしかった。


ここは、単品のトーストはなく、セットメニューとなっている。
セットは、チーズトーストに加えて、アイスクリームディッシャーで形作られたと思われるポテトサラダとドリンク(コーヒー、アイスコーヒー、アイスオーレ、アイスミルクティ、オレンジジュース)がつく。
ポテトサラダにはなぜか醤油がかかっている。



<お店情報>
カフェ・ド・リエゾン

0 件のコメント:

コメントを投稿