2006年8月19日土曜日

【ト】[レシピ]マヨネーズニューコンミートトースト

前回に引き続き、コンビーフもどきのニューコンミートを使ったレシピ。
といってもたいして手を加えていないんだけど……

マヨネーズニューコンミートトースト


食べてみてびっくり。
ほんとにマヨネーズを足しただけなんだけど、
コンミートの臭みがかなり消えて、味がとてもまろやかになった。

通常のニューコンミートトーストもおいしいと思ったけど、
こちらを食べてみると明らかにこちらの方が随分とおいしい。

ボリュームもよりアップして腹持ちもよさそう。
あと、マヨネーズと練ったことでペースト状になり、
パンにも塗りやすく、食べるときもより食べやすくなった。

しかし、マヨネーズだけでこんなに雰囲気かわるものなんだなあ。



<レシピ>
・材料:
  食パン
  バター
  マスタード
  マヨネーズ
  ニューコンミート

・手順:
  1.バターを柔らかくして、マスタードと練り合わせる
  2.食パンに1を塗る
  3.ニューコンミートをほぐしてマヨネーズと和える
  4.3をパンに乗せる
  5.トーストする

2006年8月18日金曜日

【ト】[レシピ]ニューコンミートトースト

ニューコンミートという名前はあまりメジャーじゃないかもしれないけど、
要はコンビーフの安価バージョン。
牛肉100%のコンビーフに対して、ニューコンミートは牛肉(重量比20%以上)+馬肉が使われている。

ニューコンミートトースト


なんというか……どうも説明に困るなあ。
どんな味がするかといわれれば、コンミートの味というしかない。
塩気と脂分があるのでパンとの相性もばっちりで、とてもおいしい。

ただ、コンミート独特の臭みもそのままなので、
苦手な人は気になるかもしれない。
バターにマスタードを練り込んだので、少しは臭みが抑えられているけど。

見た目ほど食べにくくもない(具がこぼれ落ちない)ので、
なかなか優秀なトーストかも。
色々バリエーションが考えられそうなので、色々試してみようかな。



<レシピ>
・材料:
  食パン
  バター
  マスタード
  ニューコンミート

・手順:
  1.バターを柔らかくして、マスタードと練り合わせる
  2.食パンに1を塗る
  3.ほぐしたニューコンミートを乗せる
  4.トーストする

2006年8月15日火曜日

【ト】フレンチトーストサンド タマゴ@ヤマザキ

ヤマザキパンのダブルソフトを使った調理パンを発見。
もう一種類出ているらしいけど、タマゴしか見当たらず。

フレンチトーストサンド タマゴ

一口囓って思わず叫んでしまった。
あ、甘い……!

フレンチトーストの卵液が甘いのか、卵が甘いのか。
よく味わってみるとやはり卵液が甘い気がする。
お菓子系フレンチトースト用の卵液の甘さ。

市販のダブルソフトを半分の厚さに切り、
2枚の間にみじん切りのゆで卵が挟んである。

こういうゆで卵は通常マヨネーズで和えてあって塩気が効いていると思うのだけど、
塩気は全く感じられない。
とにかく甘い。

パンは、表面から数ミリしか卵液が染み込んでいなかったものの、
中心部のぱさつきはほとんどなし。
これは珍しく、なかなか高ポイント。

しかし甘さが印象に残るパンだった。
甘~い卵焼きが好きな人にはおすすめかも。



<製品情報>
フレンチトーストサンド タマゴ
ヤマザキ製パン製造

2006年8月14日月曜日

【ト】ランチパック コーヒークリーム@ヤマザキ のトースト

ランチパックをトーストする企画第16弾。
仙台市内のドラッグストアで購入。

ランチパック コーヒークリーム

クリーム系ゆえ、予想どおり中身はどろどろ。
ただ、白いクリーム部分とコーヒー味の素(?)みたいな部分の2つに分かれたのが珍しい。

ほとんど液体化したクリームと、ジャムのようなゲル化したコーヒー味の部分。
このコーヒー味の部分だけでも意外とおいしい。
甘いけど甘すぎず、苦いけど苦すぎず。

しかもクリームのこってりさが減ってすっきり。
トーストの新たな利点かも……(食べにくいけど)



<製品情報>
ランチパック コーヒークリーム
ヤマザキ製パン製造

2006年8月13日日曜日

【ト】小倉フレンチトースト@Pasco

これはきっと東海地域限定に違いない……!
見つけた瞬間に購入を決定。
購入地は名古屋国際空港内売店。

小倉フレンチトースト

卵液に浸した薄めの山形食パン2枚の間に、マーガリンとたっぷりの粒あん。
袋系フレンチトーストの宿命か、真ん中あたり(餡のある周辺)に卵液は到達しておらず、
少しだけぱさつきが気になった。

あんこはかなり主張が強く、豆の味も甘味もしっかりしている。
もちろんおいしいのだけど、あまりに強い味だから、
パンに染み込んだ卵液の味がほとんど感じられない(卵の味も甘味も)。

結果的に、あんことマーガリンの味だけが印象に残ることになり、
おいしい小倉トーストを食べた気分。
もっとフレンチトーストっぽさを出すといいのになあ。
(合わないのか?)



ちなみに断面はこんな感じ。




<製品情報>
小倉フレンチトースト
敷島製パン製造

2006年8月12日土曜日

【ト】フレンチトーストサンド(ハム&チーズ)@ヤマザキ

珍しい、おかず系フレンチトーストの袋パン。
サンクスにて購入。

フレンチトーストサンド(ハム&チーズ)

卵液に浸した8枚切りくらいの食パン2枚、にハムとチーズが挟まれ、半分に切られている。
ハムもチーズも思いがけずたっぷりと挟まれている。

袋パンのフレンチトーストは、長時間卵液に浸さないせいか、表面から数ミリしか染み込んでいないのがほとんど。
このパンも同じで、パサパサ感があるのじゃないかと心配したけれど、
とろとろに溶けたたっぷりのチーズとマヨネーズがそれをカバーして、
最終的な食感はしっとり。

ちなみに、卵液には砂糖は入っていないか、入っていたとしてもごく少量。
甘味はほぼ感じられないので、卵味のパンに挟まれたハムとチーズといった感じだった。
なかなかおすすめ。



<製品情報>
フレンチトーストサンド(ハム&チーズ)
ヤマザキ製パン製造


298kcal/1個

2006年8月11日金曜日

【ト】ランチパック アップルフロマージュ@ヤマザキ のトースト

ランチパックをトーストする企画第15弾。
ダイエーで購入。

ランチパック アップルフロマージュ

甘いアップルソースと、微妙に酸味を感じるチーズクリームの合わせ技。
アップルソースは、単なるさらっとしたクリームでなく、少し繊維を感じる食感。
ちょっと嬉しい。

トーストによりチーズクリームが流れ出すことを心配したけど、杞憂に終わった。
結構堅めのテクスチャで、同じランチパックシリーズのバニラヨーグルトクリームに近い。

しかも、甘いチーズクリームは加熱されても意外とおいしい。
温かいアップルソースは、マクドナルドのアップルパイでわかるように当然においしいし、
すこしぱりっとしたパンに挟まれて、とてもおいしくいただけた。



<製品情報>
ランチパック アップルフロマージュ
ヤマザキ製パン製造

2006年8月10日木曜日

【ト】ランチパック ハムマヨネーズ@ヤマザキ のトースト

ランチパックをトーストする企画第14弾。
ダイエーで購入。

ランチパック ハムマヨネーズ

千切りにされたハムに、結構多めのマヨネーズが和えてある。
塩気は強め。

マヨネーズが多いといっても、トーストしてから切っても流れ出すほどではない。
トーストすることを考えたら最適な量かも。

もちろん、加熱されてもおいしさはそのまま。
甘味系と違って、そのへんのはずれはないなあ。



<製品情報>
ランチパック ハムマヨネーズ
ヤマザキ製パン製造

2006年8月1日火曜日

【ト】7月のメッセージボード

7月。気温が高くなってきたのに、すっきりしない天気が続きますね。
あっさりしたトーストってなにかあるかな?

いつも来てくださってありがとうございます。

個別のエントリに関わらないご感想、ご意見、メッセージ、足跡など
掲示板代わりにお気軽にここのコメント欄をお使いください。